石原元知事会見 豊洲問題「最高責任者として責任認める」が、状況膠着の責任は「小池知事に」

石原氏の会見の言葉は、裏表なく氏の今の心境そのままに感じる。当時の責任者であることは認めながら、現状を招いているのは現知事の責任であることに間違いはない。①豊洲移転②築地再利用③第三候補地の選定、しか道はない。技術の粋を集め、同じ都民として何がファーストなのか考えていただきたい。

石原元知事会見 豊洲問題「最高責任者として責任認める」が、状況膠着の責任は「小池知事に」
産経新聞3/3(金) 15:23配信
石原元知事会見 豊洲問題「最高責任者として責任認める」が、状況膠着の責任は「小池知事に」

 築地市場(東京都中央区)から豊洲市場(江東区)への移転問題で3日午後、元東京都知事の石原慎太郎氏の記者会見が始まり、石原氏は「私は当時の最高責任者として承諾した。責任は認める」とする一方、「やるべきことやらずに、ほったらかしにして補償などべらぼうなお金がかかっている責任は今の小池都知事にある」などと述べた。

会見の冒頭、石原氏は「百条委員会までとても待てない心境。はっきりさせるためこういう機会を設けさせていただいた」などとも説明した。